働きがいに関する意識調査(NTTデータ経営研究所)

11月18日に発表された「働きがいに関する意識調査(㈱NTTデータ経営研究所)」の調査結果によれば、「3年前と比べて働きがいが低下した」と感じている人は44.8%、「現在、心の疲弊感を感じる」は69.7%にも達するとのことです。

この調査は、「働きがい」に最も影響を与える要因などを明らかにし、働きがいを高めるための方向性を探るべく実施されたもので、調査対象はインターネット検索サイト「goo」リサーチ登録モニターの20代以上の男女1,000人強(30~40代が74%前後/役職者51.2%、一般社員47.9%)でした。

主な調査内容は「働きがいの現状と、働きがいを高める要因/阻害する要因」「3年前と比べた働きがいの変化とその要因」「心の疲弊感の現状と、働きがいとの関係」等となっています。

【主要調査結果】
1.働きがいの現状
◆現在、「働きがいを感じている」人は52.4%。
「仕事の価値の実感」、「仕事を通じての成長実感」、「仕事を通じての力の発揮」等の「仕事の要因」が、特に働きがいを高めている。
一方、「会社での将来のキャリアイメージが描けない」、「会社では創造的な仕事を促す環境作りがない」等の「会社の要因」が、特に働きがいを阻害している。
2.3年前と比べた働きがいの変化
◆3年前と比べて、「働きがいが低くなった」と感じている人は44.8%で、「働きがいが高まった」と感じている人22.5%)を大きく上回る。
働きがいが低くなった第1の要因は、「会社の将来性が感じられないから」で42.7%が回答。
3.心の疲弊感の現状
◆現在、心が疲れて弱っていることを示す「心の疲弊感を感じている」人は69.7%にも達する。
働きがいを「感じているグループ」の方が、「感じていないグループ」よりも、「心の疲弊感を感じている」人は24.2ポイント低く、両者に深い関係があることを示している。

http://www.keieiken.co.jp/aboutus/newsrelease/101108/

Comments are closed.

お問い合わせ先

お問い合わせはこちら
お見積・初回ご相談の流れ
1.まずご連絡ください。
2.面談の日時、場所を決定し
3.面談の上、お見積りします。
4.合意後、正式のご依頼へ

出張・訪問相談対応します。
ご遠慮なくお声かけください。

マイナンバーについて

マイナンバー取扱のご相談

SRPⅡ認証事務所

SRPⅡ認証事務所について

おもな対応地域

下記以外の地域の方もお気軽にご相談ください。

埼玉県
所沢市,狭山市,入間市,飯能市,川越市, 日高市,志木市,富士見市,ふじみ野市,三芳町,鶴ヶ島市,新座市,朝霞市,さいたま市,川口市ほか

東京都
豊島区,新宿区,練馬区,杉並区,板橋区,西東京市,東村山市,立川市,小平市,武蔵野市,府中市,三鷹市,小金井市,国分寺市,国立市,東久留米市,あきる野市,昭島市,青梅市,東大和市,羽村市,八王子市,武蔵村山市,福生市,清瀬市ほか

しおざわ事務所ブログ

埼玉県所沢市の社会保険労務士 しおざわ労働法務事務所と山のブログ

ROBINS掲載事業者・確認者

ROBINS掲載事業者です。 ROBINS確認者です。

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン