2011年度の賃金動向に関する企業の意識調査(帝国データバンク)

政府の家計支援策があいついで縮小・終了予定となるなか、雇用確保と賃金改善の動向が注目されています。
また、今後の景気動向・個人消費の動向を探るうえでも、賃金動向に関心が集まっています。
帝国データバンクは2/3、標題の調査結果を発表しました。概要は下記のとおりです。(プレスリリース参照記事)

①2011年度の賃金改善、「ある」と見込む企業は37.5%で2年連続増加
賃金改善が「ある」企業は37.5%と、2010年度見込み(31.8%)を5.7ポイント上回る。
厳しいながらも2年連続で改善する見込み。一方、「ない(見込み)」と回答した企業も同35.8%(3,942社)に達している。

②具体的内容、ベア31.2%、賞与(一時金)21.0%がともに2年連続で上昇
賃金改善の具体的内容は、ベア、賞与(一時金)ともに2年連続で上昇。
成果主義の導入などにより賞与(一時金)が先行して改善。

③賃金改善の理由、「労働力の定着・確保」が最多、「業績拡大」も5割超に
賃金改善をする理由は「労働力の定着・確保」が56.2%で最多。
「自社の業績拡大」も50.5%に。一方、改善しない理由は「自社の業績低迷」が7割超。

④労働条件に関する方針決定、賃金への割合高まり、雇用との両面で決定
労働条件の焦点は「賃金および雇用」が33.6%で最多になるも、「賃金」が大幅増、「雇用」が大幅減となり、賃金と雇用との両面を考慮する形に。

⑤2011年度の個人消費、半数近くが「横ばい」を見込む、縮小懸念は大幅減
2011年度の個人消費は46.4%が「横ばい」、39.9%が「縮小」の見込みで縮小懸念は2年連続で大幅に減少。
ただ「拡大」は依然5.3%にとどまる。

参照:http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/keiki_w1101.html

この記事にコメントする

CAPTCHA


お問い合わせ先

お問い合わせはこちら
お見積・初回ご相談の流れ
1.まずご連絡ください。
2.面談の日時、場所を決定し
3.面談の上、お見積りします。
4.合意後、正式のご依頼へ

出張・訪問相談対応します。
ご遠慮なくお声かけください。

マイナンバーについて

マイナンバー取扱のご相談

SRPⅡ認証事務所

SRPⅡ認証事務所について

おもな対応地域

下記以外の地域の方もお気軽にご相談ください。

埼玉県
所沢市,狭山市,入間市,飯能市,川越市, 日高市,志木市,富士見市,ふじみ野市,三芳町,鶴ヶ島市,新座市,朝霞市,さいたま市,川口市ほか

東京都
豊島区,新宿区,練馬区,杉並区,板橋区,西東京市,東村山市,立川市,小平市,武蔵野市,府中市,三鷹市,小金井市,国分寺市,国立市,東久留米市,あきる野市,昭島市,青梅市,東大和市,羽村市,八王子市,武蔵村山市,福生市,清瀬市ほか

しおざわ事務所ブログ

埼玉県所沢市の社会保険労務士 しおざわ労働法務事務所と山のブログ

ROBINS掲載事業者・確認者

ROBINS掲載事業者です。 ROBINS確認者です。

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン