改正派遣法施行から3年事業所単位・個人単位の期間制限への対応にご注意を

 今年9月、平成27年の改正派遣法の施行から3年が経過します。この法改正で、これまで派遣期間の制限のなかったソフトウェア開発などの専門26業種の区分が廃止され、新たな期間制限のルールが設けられています。

 以下、期間制限の内容についてまとめました。

 

【現行法の派遣契約の期間制限】

 事業所単位の期間制限と、個人単位の期間制限があり、どちらか先に到来したほうが上限となります。

 この期間制限は改正法施行(H27.9.30)以降の派遣契約に適用されており、たとえば同年10月1日に締結した派遣契約については、3年後の今年10月1日が抵触する日となります。

ア.事業所単位の期間制限

 派遣先の同一事業所で派遣社員の受入れができるのは3年が限度です。3年を超えて受け入れるためには、抵触日の1ヶ月前までに、過半数労組等(ないときは労働者の過半数代表者)の意見を聴取する必要があります。

イ.個人単位の期間制限

 同じ派遣社員を派遣先の同一部署で受入れられるのは3年が限度です。

 

【期間制限の対象外となる社員と業務】

 もっとも、これらの期間制限は「派遣元に無期雇用されている派遣社員」「60歳以上の派遣社員」は対象外となっています。

 また業務別では、「日数限定業務(派遣先の通常の社員の月所定労働日数の半数以下かつ10日以下の日数で発生する業務)」「派遣先の社員が産前産後休業、育児休業、介護休業する場合の代替の業務」「あらかじめ終期が決まっている、有期プロジェクトでの業務」も期間制限の対象外です。

 

【期間制限に違反した場合】

 抵触日を超えて派遣社員を受け入れるときは、派遣先が派遣社員に対し、直接雇用を申し込んだものとみなされます。

 また派遣先が期間制限に違反して派遣社員を受入れた場合、厚生労働大臣による指導、助言、勧告、企業名の公表の対象となります。

 派遣元に対しては30万円以下の罰金に処せられる場合があります。また許可の取り消し、業務停止命令の対象となります。

Comments are closed.

お問い合わせ先

お問い合わせはこちら
お見積・初回ご相談の流れ
1.まずご連絡ください。
2.面談の日時、場所を決定し
3.面談の上、お見積りします。
4.合意後、正式のご依頼へ

出張・訪問相談対応します。
ご遠慮なくお声かけください。

マイナンバーについて

マイナンバー取扱のご相談

SRPⅡ認証事務所

SRPⅡ認証事務所について

おもな対応地域

下記以外の地域の方もお気軽にご相談ください。

埼玉県
所沢市,狭山市,入間市,飯能市,川越市, 日高市,志木市,富士見市,ふじみ野市,三芳町,鶴ヶ島市,新座市,朝霞市,さいたま市,川口市ほか

東京都
豊島区,新宿区,練馬区,杉並区,板橋区,西東京市,東村山市,立川市,小平市,武蔵野市,府中市,三鷹市,小金井市,国分寺市,国立市,東久留米市,あきる野市,昭島市,青梅市,東大和市,羽村市,八王子市,武蔵村山市,福生市,清瀬市ほか

しおざわ事務所ブログ

埼玉県所沢市の社会保険労務士 しおざわ労働法務事務所と山のブログ

ROBINS掲載事業者・確認者

ROBINS掲載事業者です。 ROBINS確認者です。

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン